役員・従業員紹介

スタッフ
取締役常務
船田 寿夫(長野県東御市出身)
[コメント]
わたしたち信州うえだファームは、「JA自らが農業経営をおこなうことにより地域農業振興および地域活性化に貢献する」、この会社の事業方針に基づき、地域農業の担い手としての役割を果たすとともに、新規就農者の育成、耕作放棄地の再生・利用などに取り組むことで、地域の農業を守り、育ててきました。
しかし、農産物価格の低迷、農業従事者の高齢化や担い手不足は深刻化し、農業生産規模の縮小や耕作放棄地の増大など、地域農業の安定的継続が懸念される状況は続いています。
わたしたちの取組で、農業がおかれている現状を地道に、少しずつでも変えていき、地域を盛り上げたい!
そんな意気込みや情熱をもって、役員・従業員一同、日々業務にあたっています。

スタッフ
露地野菜班 班長
齋藤 拓也(長野県上田市出身)
[コメント]
農業はとっても楽しいです!
信州のきれいな景色のなかで、収穫したり苗を定植したり、草刈りしたりと色んな作業をしています。
一日くったくたに疲れて、帰ってご飯を食べて・・・すがすがしい、やりきった感じで毎日楽しく過ごしています。
農業をはじめたきっかけは、20代の中ごろに体調を崩したことでした。体を動かしながら、オーガニックな野菜を自分で作って食べたら健康的になるかなと(笑)
更地の畑を前に、「ここにあれを植えて、こんなかんじで畦を立てて・・・」と考えるのがとても好きです。もちろん収穫も大好きで、丹精こめてつくった野菜が育ってくれたことがとても嬉しくなります。
今は、信州うえだファームで正社員として働きながら野菜栽培の勉強を重ねており、将来的には独立就農を目指しています。

スタッフ
施設野菜班 班長
滝沢 敏之(長野県上田市出身)
[コメント]
主にビニールハウスでパプリカ、ミニトマト、アスパラガスを作っています。
ハウス内は冬は暖かいのですが、夏はとても暑いなかでの作業になるので、一緒に仕事をする研修生やパートさんとともに体調管理に気をつけて作業をしています。
従業員の年齢層は幅広く前職も様々なので、休憩中などの時にいろいろな話を聞くことができ、農業のことはもちろんですが、その他のことについても知識を得ることができてとても勉強になります。
大変なことも多々ありますが、四季を感じながらやる農業は楽しいです。

スタッフ
ワイン用ブドウ班 班長
横澤 博文(長野県青木村出身)
[コメント]
私は大学卒業後、東京都や長野県での会社員生活や自営農業を経て入社しました。
垣根が美しく並ぶヴィンヤードへの憧れもあり、作物はワイン用ブドウを選びました。
栽培管理しているワイン用ブドウ圃場では、樹も若いものから樹齢を重ねたものまでさまざまあり、それぞれの圃場に合わせた栽培を心がけています。まだまだ勉強の毎日です。
多くのみなさんにおいしく飲んでいただけるワイン、そうなるようなブドウを作っていきたいですね。

スタッフ
果樹班
藤崎 望(大阪府出身)
[コメント]
大学は農学部でしたが、卒業後は農業からまったく離れた仕事をしていました。
でも、何年か前から、「やっぱり農業したいなぁ」という気持ちがわき、単身、長野県に引っ越してきました(笑)。
作物は、大学で果樹研究室に在籍していたことや、食べても飲んでもおいしいリンゴが好きだったので、リンゴにしようと考えました。長野県を選んだのは、関西から一番近いリンゴの産地だったから!
私は、独立して就農するのは難しいかなと考え、農業法人に努めながら農業に携わるという選択をしました。今は、リンゴやブドウなどの果樹の栽培や、将来独立就農を目指して当社の研修を受けたいという方の窓口担当をしています。また、会社のリンゴ圃場を借り、自分の時間のなかで、兼業農家をさせてもらっています。
スタッフ
経理・事務
大図 綾乃(茨城県出身)
[コメント]
当社では、各営業所に一人ずつ事務員が在籍しています。野菜・果物ができるまでの費用や、JA・企業などに出荷して得た収益も私たち事務員が管理しています。春から夏にかけては現場に出ている皆さんが日に焼けてみるみる黒くなっていく姿を見ると心配になりますが、冷たいお茶や一息つけるお菓子を用意するのもお仕事のひとつです。皆さんが育てた作物が大きく、色鮮やかな姿に生長した姿を見たときは、実際に手を加えていない私でも、ちょっぴり嬉しく思います。