ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

令和3年度入社の研修生・職員のみなさん!

IMG_2619

令和3年度は、研修生や将来独立就農をめざす職員が新たに9名入社しました。
就農希望作物は、ブドウ、リンゴ、ブロッコリー、アスパラガス、ワイン用ブドウなどそれぞれ異なりますが、将来、地域農業を担うべく、高い志をもってみなさん入社されました。
年齢は20代前半から50代までと幅広く、前職もさまざまですが、当社では同期の仲間として苦楽をともにしていきます。
例年、最初は慣れない農作業が体力的にきつく、1年目の夏までに痩せていく研修生が多いのですが(笑)、同期と支えあったり先輩からアドバイスを受けたりしながら、みなさんどんどん農家らしくなっていきます。
新入社員のみなさん、ぜひ頑張ってください!

2021年04月06日

研修生修了式・激励会を行いました

IMG_2587

令和3年3月25日、新規就農者となるべく当社で農業の勉強をしていた研修生の研修終了式および激励会を行いました。この年は、5名の方が上田市や長和町で就農することになりました。コロナ禍であることから、密にならないよう会場の広さや席の間隔に注意しながら、従業員全員が見守るなか、研修修了証書の授与や各関係機関のみなさまから激励のお言葉を頂戴し、卒業生からは就農への決意表明がありました。卒業生のみなさんからは、約2年間の研修を終え地域農業の新たな担い手となることに対しての熱意があふれていました。新たなステージに進むみなさん、ぜひ頑張ってください!

2021年03月26日

育苗が本格的にスタートしました

ikubyou

ブロッコリーなどの苗を育てる育苗事業では、2月ごろから苗の育成が始まります。
水をやりすぎてもいけないし、もちろん水が少なすぎてもだめで、作業スタッフは毎回、苗や土の状態などを確認しながら作業にあたっています。また、天候をみながらビニールハウスの窓を開閉したり、水が足りているか見回りに行ったりもしています。
私たちが育てた苗は、主にJA信州うえだを通して、地域の農家さんがご利用になります。野菜栽培のスタートとなる苗の供給は、農家さんの栽培計画が滞ることがないように、必要な時期に必要な量を提供する責任があります。
苗を管理するスタッフは、苗が無事に育つまで、緊張の日々が続きます。

2021年03月11日

リンゴの剪定

image7

果樹班では現在、主にリンゴの整枝せん定作業をおこなっています。
整枝せん定の3原則である、どの枝にも十分日光があたること、作業がやりやすいこと、どの枝にも防除薬液がかかりやすいことを基本にして、樹勢の強弱などに合わせて、せん定していきます。
この日は実をつける結果枝の切り方について、研修生が指導を受けました。
整枝せん定は作業のなかでも特に難しい部類の作業で、一度指導を受けてすぐにできるようになるものではなく、何度も指導を受け、作業経験を積みながら技術を身につけていきます。
よい樹、よい圃場にするための冬の大事な作業。寒風吹きすさぶ日も、樹を前に考えたり悩んだりしながら頑張っています!

2021年02月05日

伏込アスパラガスが萌芽しました

image

アスパラガスは通常、春から夏に栽培をしますが、クリスマスやお正月時期の国産アスパラガスの需要に対応するために、冬に収穫できる「伏込アスパラガス」の栽培に昨年から取り組んでいます。
株は露地で栽培し、11月に土から掘り出して、ビニールハウスに設置した床に伏せ込んでいきます。電熱線を使ってこの床を温めてあげると、アスパラガスが萌芽します。
今年は12月4日から収穫スタートとなりました。
施設野菜班のみんなは、年末年始も収穫で大忙しです。

2020年12月14日
» 続きを読む